Home » 方向性を定めよう

方向性を決めるには

工事業者を決めてその工事業者と相談をしながら方向性を導いていく方法もありますが、やはりある程度の希望や意向をまとめておこないと設計もスムーズに進まないですし、工事業者の言うとおりに何でも進めていくと、竣工後に「もっとこうすべきだった」と後悔しかねません。

ただただ、楽観的に工事業者に全て任せるというスタンスでは住んでいくうちに必ず自分のスタイルとは合わない箇所が見つかるでしょう。リフォームをするからには、どこをどう変更したいのか、なぜ変更したいのかというような希望を固め、ウェブや本、カタログなどで情報収集を行うことが重要です。

リフォームはやはり今あるかたちより住みやすい家、またその人の生活スタイルに合った家にするための方法です。リフォームを成功へ導くためにもどんなかたちが我が家に合っているのかを改めて考えてみましょう。

ここでは方向性をどのように固めていけば良いのかを紹介していきます。