リフォームをする前に

みなさんは「リフォーム」、「リモデル」、「リノベーション」など最近よく耳にするのではないでしょうか。リフォームのみを専門に扱う業者や、施工業者によっては新築よりもリフォーム物件の方が案件が多いという業者も最近ではかなり増えてきています。それほど現在では家の改築が一般的になってきていると言えるでしょう。

では、どのような人がリフォームをするのでしょうか。
「現在住んでいる家は建物自体の耐久性はあり、建替えをするほどではないが間取りを変えたい」、「古い一戸建てもしくはマンションを購入したので内装を新しくしたい」、「親の世代に建てた家を新しい世代に引き継ぐにあたり現代的なインテリアにしたい」など、理由は様々です。
現在では賢く安価に住みやすい家を求めるためにリフォームという道を選択する人が増加しているのです。

新築に比べ、少ない予算でその家庭にあった用途や機能性を重視することでより満足のいく家にする、それがリフォームのメリットでもあります。
しかし、いざリフォームをしてみたが「想像より予算をオーバーしてしまった」、「もっと機能的にしたかった」、「思っていたようなインテリアとは程遠い」など住んでみて後悔してしまう人も多いのではないでしょうか。リフォームは新築よりも一見、手軽そうですが準備不足、リサーチ不足によって失敗するケースも起こりうるのです。

ではリフォームするにあたってどのようなポイントに注意をしたら満足のいく家に改築できるのでしょうか。

ここではリフォームまでの準備やリフォームしたい場所で気をつけたい点を紹介していきます。